2011年06月20日

SEO対策で押さえておくべき大切なポイント

今後ますますSEOはコンテンツ重視になると言われており、私自身それは日々感じていることです。ただし、コンテンツが充実していればいいというだけでなく「検索クエリに対してどれだけ的確なアンサーを持っているか?」が非常に重要なポイントになっています。闇雲にあれもこれも詰め込んだり、あるいはテキストをたくさん記述すればいいというものではありません。

ただし、いくら「SEOはコンテンツである」と言っても、WEBサイトの人気の指標である「被リンク」は今後も当然ながら重要な要因です。リンクのされ方によって評価の違いはありますが、「リンクされる」ということは上位表示において最も大切なことと言っても過言ではありません。最近、この部分の誤解が少しあるように感じます。

さて、SEOに関する情報、技術もろもろはすでにほぼネット上に出尽くしてはいると思うのですが、今回は私自身がクライアント様に実際にアドバイスさせていただいてるポイントをご紹介させていただきます。もちろんすべて合っているとかそういうものではございませんので、あくまで参考程度にしていただければ幸いです。


ランキングの変動に敏感になり過ぎるな!

これは、SEOに取り組もうと思っているならまず腹に落とし込んでおくべきことでしょう。こちら側が完璧な施策を仮にしていたとしても、Googleの一時的な機嫌で変動は絶対にあります。それはサイトそのものに対してではなく、検索アルゴリズム自体の問題です。

これまで5位に表示されていたとして、ある日突然8位に落ちたとします。このとき「まずい!2ページ目に落ちてしまう!」という思考に入ってリンクを増やそうなどと考えたら、ますます悪い方向へ行くでしょう。ビギナーの方にありがちなのが、ここで「数」を増やそうとするからです。正直、今のGoogleにリンク数そのものの値打ちはほとんどありません。

また、ランキングが落ちた際によく「ペナルティを受けた」と思い込む方が多いのですが、そうそうペナルティって受けるものではありません。よほど悪質なことしていれば別ですが、ランキングの変動というのは普通にあるものです。


まとまったリンクが悪影響を及ぼすこともある

SEO会社を利用せずにセルフでリンク構築されている方でしたら、3ヶ月契約等でリンクを購入している場合もあるでしょう。私自身、このいわゆる「有料リンク」に関しては、効果が見込めるのであれば別に利用しても構わないと思っています。ただし、対象サイトのバックリンクのほとんどがそういった類いのリンクであれば、これはGoogleに見破られる可能性がありますので、もし利用するのであればそのあたりのリスクを頭に入れておく必要があります。

しかし「リンクが増える=順位が上がる」という単純な式を信じている方であれば、このまとまったリンク群(有料リンク)を一度購入してしまうと、ランキングの良悪関わらずずっと張られたままであることが多いでしょう。というのは「外れるとリンク数が減り順位が下がる」と思うからです。これは非常に間違った思考です。

私の経験上クライアント様にご提案させていただくのは、そういった類いのリンクが張られているのにも関わらずランキングの伸びがイマイチの場合、もう解約して外してしまいましょう、というものです。

有料無料関わらずですが、リンクがマイナスに働くケースもあります。何か不自然さがあるからです。アンカーテキストが偏ってるとかリンク元の質が悪いというレベルの問題ではありません。サイトによって訴求力が異なるわけです。あるサイトには効果があるが一方のサイトでは効果が見られない、というケースはあるものです。いつまでもリンクにしがみついていたらSEOの本質が見えてきませんし、間違った方向に進むでしょう。


過剰SEOキーワードはペナルティの原因になる

これも先に挙げた「リンクが増える=順位が上がる」の心理に近いものがあるかもしれません。「狙っているSEOキーワードをたくさん入れれば入れるほど上がる」というものです。これの心理といいますか思考がもっとも顕著に現れるのがイメージ画像のalt属性。前後の文脈気にせず簡単に記述でき、数を稼げるからです。

あとはBODYタグ下の見出し近辺のキーワード連呼や、フッター、ヘッダーに全ページ共通のサイト紹介テキストなどを盛り込むパターン。さらに、そこに記述されたSEOキーワードを強調タグであるSTRONGタグで囲うケースです。これらも適度であれば問題ないでしょうけど、行き過ぎるとあまりよくありません。「ペナルティ」という言葉を乱発するのはどうかと思いますが、Googleが見て不自然に感じたらランキングを下げてくるケースがあります。

また、このSEOキーワードが過剰に記述されているページに、外部からSEOキーワードでリンクを張るという行為と重なれば、明らかにGoogleに目を付けられます。ただし、現在のところこういった極端な施策がピタリと嵌って上位表示されている事例もまだ見受けられることも確かです。逆手に取れば「効く」わけでして、言ってみれば穴なわけです。だからこそGoogleの目が光っているという事実があることを忘れないで下さい。


オールドドメイン被リンク、IP分散などは二の次

主にサイト運営者、あるいはSEOビギナーさんに対してのメッセージなのですが、SEOが下手な人ほど背伸びをしているケースがよくあります。SEO会社であれば、このオールドドメインからの被リンクやIP分散を視界に入れるのはありでしょうけど、多くの場合無視しても問題ないレベルの話でしょう。

仮にアルゴリズムに組み込まれているとしても、ほんの一部に過ぎないでしょうし、これらの被リンクを受けていて圏外というのもよく見かけます。そもそもドメインのTOPから一定期間リンクを受け続けるのはおかしな話です。リンクが付くベストなスピード等でよく右肩上がりのグラフが見られますが、一定期間まったくリンクを受けていないサイトが堂々と1ページに表示されている、つまりGoogleに評価されているケースなんてザラにあります。

もちろんこれらのことがまったく関係ないというわけではありませんが、SEOの本質というのはもっと別のところにあります。特にSEOを学び始めた人などにとってはどうでもいい話です。


タイトルタグはクリック率優先で決定する

WEBページのタイトルタグは非常に重要です。最近はアマゾンなどのおかげで本屋さんで書籍を買うことも少なくなっているでしょうけど、この書籍のタイトルとWEBページのタイトルタグは同じようなものです。本棚に並んでいる書籍を選ぶ際に手に取る目安となるのは本のタイトルでしょう。

検索結果で1ページ目に表示されるだけではアクセスは生まれません。そこから検索ユーザーにクリックされてはじめてアクセスが生まれ、コンバージョンが発生するわけです。タイトルタグはアクセスを増やすために重要なタグというわけです。もちろん、タイトルの下に表示されるスニペット(要約文)も合わせて重要になってきます。

よく「重要なキーワードは一番前に持ってきたほうが良いですか?」「キーワードは3つ記述するのは多過ぎますか?」といったご質問を受けますが、ほとんど関係ないといっていいでしょう。重要なキーワードであればタイトルには入るはずですし、3回記述したからといってペナルティを受けるというわけではないですが、3回も使用するケースは稀だと思います。あくまで自然に記述した結果で問題ありません。

ただ1点、技術的な面で言うとすれば主要なキーワードは記述したほうが良いということです。検索ユーザーに「何のページなのか?」ということを分かってもらう目的もありますが、タイトルタグでリンクされるケースは多いと思いますので、そこにキーワードが入っていると効果的なリンクになります。何だかんだ言って、SEOキーワードを含むリンクは強いです。


ページテーマをできるだけはっきりさせる

これは最近私が一番声を大にして言っていることかもしれません。ブログ記事としても書かせていただいてますが、実際にクライアント様に対するアドバイスとしてもっとも多いでしょう。中途半端なWEBページのGoogleの評価は低いです。どれだけリンク施策してもなかなか伸びない理由として、これは大きな要因だと思います。

この記事の冒頭にも書かせていただいたことなのですが、「検索クエリに対してどれだけのアンサーを持っているか?」ということが大切です。Googleとしては検索ユーザー第一に検索結果を出してますから(正確にいうと出そうとしている)、あれこれテーマが入っている中途半端なWEBページよりも、テーマ(キーワード)が凝縮されたWEBページを上位に表示させたいわけです。そのほうが検索ユーザーにとって「いい」からです。


アンカー分散も結局ナチュラルリンクである

私も含めてなのですが、SEO関係者の間で「アンカーテキスト分散」という言葉が一時期から発せられるようになりました。そのせいかどうか分かりませんが、最近この件について非常にたくさんのメールを頂くので、ここで改めて簡単に整理しておきます。詳細に関しては、以前違うブログで書かせていただきました 受ける被リンクの可能性を考える を参考にしていただければと思います。

まず、当たり前のことではあるのですが「どういう風にこのサイトはリンクされるだろうか?」ということが大前提になります。これがナチュラルリンクなのです。結果、アンカーテキストは分散するかもしれませんし、ある程度集中するかもしれません。ここで悩んでいる方は「アンカーテキストを分散させたらSEO効果がある」などと、間違った思い込みをしているわけです。結局受けるリンクしか受けないわけですから。

「アンカーテキストが集中すればペナルティを受ける」というのも間違った思い込みです。WEBページの内容、ケースによってはある程度集中したりするものです。あんまり分散しないはずなのに、間違った思い込みで分散させたりするのは逆効果というもの。何度も言いますが、このアンカーテキスト分散に関しては「受けるリンクしか受けない」という、この部分に集約されます。


最終的にはコンテンツがモノを言う

この「コンテンツが重要である」ということは、これまで何度も書かせていただいており、多くの方々も仰っており、またこの記事冒頭でも書かせていただきました。では「なぜコンテンツが重要なのか?」ということを、少し掘り下げて解説させていただきます。

検索順位というのはGoogleが決定しているのですが、何を基準にしているかといえば被リンクとサイトの中身(コンテンツ)です。何を今更という感じではありますが、SEOビギナーの方ですとここの部分の理解がなかなか難しいかと思います。実際に「リンク張れば上がる」と思っている方がまだまだ多い印象を受けます。

ここで被リンクというものについて、改めて考えてみます。リンクというものは本来サイトに準じてされるものです。立ち上げたばかりのサイトと、立ち上げて1年経過しておりさまざまなWEBプロモーションを行ってきたサイトとでは、当然リンクの数なり質は変わってきます。

また、中身があまりなくコンテンツも手薄なサイトと、非常に充実しておりあらゆることが詰まっているようなサイトとでは、当然ながらリンクの質なり数は異なってきます、本来。「本来」という表現をしたのはリンク施策が存在するからです。しかし、結局のところ受け皿が小さいサイトだと限界があります。本来それだけのリンクを受けるはずがないからです。

ちなみにここでのリンクというのは、TOPページだけではなくドメイン全体の話です。コンテンツページが優秀であれば、リンクを受ける可能性があります。それはサイトの価値を高めます。このように、「コンテンツありきのリンクである」というのが私の考え方で、これはナチュラルリンクでもありごく自然なことでもあります。ま、私の考え方なんてどうでもいいのですが。

コンテンツが充実していることで検索ユーザーに不利益なことはまずありませんし、Googleのリンク周りのアルゴリズム更新の影響を少なくすることができます。つまりSEOに強いわけです。ただ実際問題、コンテンツの充実といってもページテーマがぼやけていたら上位表示しにくいなど、ややこしい一面もあります。


以上、8つの項目に渡って書きました。同業者様に対してというよりSEOビギナーの方、あるいは今SEO対策で悩んでいる方の気付きのきかっけになれば幸いです。

関連リンク:外部リンクはSEO対策を行う上で決して無視できない要因である
posted by michinari at 23:34| SEO対策