2011年06月20日

SEO対策で押さえておくべき大切なポイント

今後ますますSEOはコンテンツ重視になると言われており、私自身それは日々感じていることです。ただし、コンテンツが充実していればいいというだけでなく「検索クエリに対してどれだけ的確なアンサーを持っているか?」が非常に重要なポイントになっています。闇雲にあれもこれも詰め込んだり、あるいはテキストをたくさん記述すればいいというものではありません。

ただし、いくら「SEOはコンテンツである」と言っても、WEBサイトの人気の指標である「被リンク」は今後も当然ながら重要な要因です。リンクのされ方によって評価の違いはありますが、「リンクされる」ということは上位表示において最も大切なことと言っても過言ではありません。最近、この部分の誤解が少しあるように感じます。

さて、SEOに関する情報、技術もろもろはすでにほぼネット上に出尽くしてはいると思うのですが、今回は私自身がクライアント様に実際にアドバイスさせていただいてるポイントをご紹介させていただきます。もちろんすべて合っているとかそういうものではございませんので、あくまで参考程度にしていただければ幸いです。


ランキングの変動に敏感になり過ぎるな!

これは、SEOに取り組もうと思っているならまず腹に落とし込んでおくべきことでしょう。こちら側が完璧な施策を仮にしていたとしても、Googleの一時的な機嫌で変動は絶対にあります。それはサイトそのものに対してではなく、検索アルゴリズム自体の問題です。

これまで5位に表示されていたとして、ある日突然8位に落ちたとします。このとき「まずい!2ページ目に落ちてしまう!」という思考に入ってリンクを増やそうなどと考えたら、ますます悪い方向へ行くでしょう。ビギナーの方にありがちなのが、ここで「数」を増やそうとするからです。正直、今のGoogleにリンク数そのものの値打ちはほとんどありません。

また、ランキングが落ちた際によく「ペナルティを受けた」と思い込む方が多いのですが、そうそうペナルティって受けるものではありません。よほど悪質なことしていれば別ですが、ランキングの変動というのは普通にあるものです。


まとまったリンクが悪影響を及ぼすこともある

SEO会社を利用せずにセルフでリンク構築されている方でしたら、3ヶ月契約等でリンクを購入している場合もあるでしょう。私自身、このいわゆる「有料リンク」に関しては、効果が見込めるのであれば別に利用しても構わないと思っています。ただし、対象サイトのバックリンクのほとんどがそういった類いのリンクであれば、これはGoogleに見破られる可能性がありますので、もし利用するのであればそのあたりのリスクを頭に入れておく必要があります。

しかし「リンクが増える=順位が上がる」という単純な式を信じている方であれば、このまとまったリンク群(有料リンク)を一度購入してしまうと、ランキングの良悪関わらずずっと張られたままであることが多いでしょう。というのは「外れるとリンク数が減り順位が下がる」と思うからです。これは非常に間違った思考です。

私の経験上クライアント様にご提案させていただくのは、そういった類いのリンクが張られているのにも関わらずランキングの伸びがイマイチの場合、もう解約して外してしまいましょう、というものです。

有料無料関わらずですが、リンクがマイナスに働くケースもあります。何か不自然さがあるからです。アンカーテキストが偏ってるとかリンク元の質が悪いというレベルの問題ではありません。サイトによって訴求力が異なるわけです。あるサイトには効果があるが一方のサイトでは効果が見られない、というケースはあるものです。いつまでもリンクにしがみついていたらSEOの本質が見えてきませんし、間違った方向に進むでしょう。


過剰SEOキーワードはペナルティの原因になる

これも先に挙げた「リンクが増える=順位が上がる」の心理に近いものがあるかもしれません。「狙っているSEOキーワードをたくさん入れれば入れるほど上がる」というものです。これの心理といいますか思考がもっとも顕著に現れるのがイメージ画像のalt属性。前後の文脈気にせず簡単に記述でき、数を稼げるからです。

あとはBODYタグ下の見出し近辺のキーワード連呼や、フッター、ヘッダーに全ページ共通のサイト紹介テキストなどを盛り込むパターン。さらに、そこに記述されたSEOキーワードを強調タグであるSTRONGタグで囲うケースです。これらも適度であれば問題ないでしょうけど、行き過ぎるとあまりよくありません。「ペナルティ」という言葉を乱発するのはどうかと思いますが、Googleが見て不自然に感じたらランキングを下げてくるケースがあります。

また、このSEOキーワードが過剰に記述されているページに、外部からSEOキーワードでリンクを張るという行為と重なれば、明らかにGoogleに目を付けられます。ただし、現在のところこういった極端な施策がピタリと嵌って上位表示されている事例もまだ見受けられることも確かです。逆手に取れば「効く」わけでして、言ってみれば穴なわけです。だからこそGoogleの目が光っているという事実があることを忘れないで下さい。


オールドドメイン被リンク、IP分散などは二の次

主にサイト運営者、あるいはSEOビギナーさんに対してのメッセージなのですが、SEOが下手な人ほど背伸びをしているケースがよくあります。SEO会社であれば、このオールドドメインからの被リンクやIP分散を視界に入れるのはありでしょうけど、多くの場合無視しても問題ないレベルの話でしょう。

仮にアルゴリズムに組み込まれているとしても、ほんの一部に過ぎないでしょうし、これらの被リンクを受けていて圏外というのもよく見かけます。そもそもドメインのTOPから一定期間リンクを受け続けるのはおかしな話です。リンクが付くベストなスピード等でよく右肩上がりのグラフが見られますが、一定期間まったくリンクを受けていないサイトが堂々と1ページに表示されている、つまりGoogleに評価されているケースなんてザラにあります。

もちろんこれらのことがまったく関係ないというわけではありませんが、SEOの本質というのはもっと別のところにあります。特にSEOを学び始めた人などにとってはどうでもいい話です。


タイトルタグはクリック率優先で決定する

WEBページのタイトルタグは非常に重要です。最近はアマゾンなどのおかげで本屋さんで書籍を買うことも少なくなっているでしょうけど、この書籍のタイトルとWEBページのタイトルタグは同じようなものです。本棚に並んでいる書籍を選ぶ際に手に取る目安となるのは本のタイトルでしょう。

検索結果で1ページ目に表示されるだけではアクセスは生まれません。そこから検索ユーザーにクリックされてはじめてアクセスが生まれ、コンバージョンが発生するわけです。タイトルタグはアクセスを増やすために重要なタグというわけです。もちろん、タイトルの下に表示されるスニペット(要約文)も合わせて重要になってきます。

よく「重要なキーワードは一番前に持ってきたほうが良いですか?」「キーワードは3つ記述するのは多過ぎますか?」といったご質問を受けますが、ほとんど関係ないといっていいでしょう。重要なキーワードであればタイトルには入るはずですし、3回記述したからといってペナルティを受けるというわけではないですが、3回も使用するケースは稀だと思います。あくまで自然に記述した結果で問題ありません。

ただ1点、技術的な面で言うとすれば主要なキーワードは記述したほうが良いということです。検索ユーザーに「何のページなのか?」ということを分かってもらう目的もありますが、タイトルタグでリンクされるケースは多いと思いますので、そこにキーワードが入っていると効果的なリンクになります。何だかんだ言って、SEOキーワードを含むリンクは強いです。


ページテーマをできるだけはっきりさせる

これは最近私が一番声を大にして言っていることかもしれません。ブログ記事としても書かせていただいてますが、実際にクライアント様に対するアドバイスとしてもっとも多いでしょう。中途半端なWEBページのGoogleの評価は低いです。どれだけリンク施策してもなかなか伸びない理由として、これは大きな要因だと思います。

この記事の冒頭にも書かせていただいたことなのですが、「検索クエリに対してどれだけのアンサーを持っているか?」ということが大切です。Googleとしては検索ユーザー第一に検索結果を出してますから(正確にいうと出そうとしている)、あれこれテーマが入っている中途半端なWEBページよりも、テーマ(キーワード)が凝縮されたWEBページを上位に表示させたいわけです。そのほうが検索ユーザーにとって「いい」からです。


アンカー分散も結局ナチュラルリンクである

私も含めてなのですが、SEO関係者の間で「アンカーテキスト分散」という言葉が一時期から発せられるようになりました。そのせいかどうか分かりませんが、最近この件について非常にたくさんのメールを頂くので、ここで改めて簡単に整理しておきます。詳細に関しては、以前違うブログで書かせていただきました 受ける被リンクの可能性を考える を参考にしていただければと思います。

まず、当たり前のことではあるのですが「どういう風にこのサイトはリンクされるだろうか?」ということが大前提になります。これがナチュラルリンクなのです。結果、アンカーテキストは分散するかもしれませんし、ある程度集中するかもしれません。ここで悩んでいる方は「アンカーテキストを分散させたらSEO効果がある」などと、間違った思い込みをしているわけです。結局受けるリンクしか受けないわけですから。

「アンカーテキストが集中すればペナルティを受ける」というのも間違った思い込みです。WEBページの内容、ケースによってはある程度集中したりするものです。あんまり分散しないはずなのに、間違った思い込みで分散させたりするのは逆効果というもの。何度も言いますが、このアンカーテキスト分散に関しては「受けるリンクしか受けない」という、この部分に集約されます。


最終的にはコンテンツがモノを言う

この「コンテンツが重要である」ということは、これまで何度も書かせていただいており、多くの方々も仰っており、またこの記事冒頭でも書かせていただきました。では「なぜコンテンツが重要なのか?」ということを、少し掘り下げて解説させていただきます。

検索順位というのはGoogleが決定しているのですが、何を基準にしているかといえば被リンクとサイトの中身(コンテンツ)です。何を今更という感じではありますが、SEOビギナーの方ですとここの部分の理解がなかなか難しいかと思います。実際に「リンク張れば上がる」と思っている方がまだまだ多い印象を受けます。

ここで被リンクというものについて、改めて考えてみます。リンクというものは本来サイトに準じてされるものです。立ち上げたばかりのサイトと、立ち上げて1年経過しておりさまざまなWEBプロモーションを行ってきたサイトとでは、当然リンクの数なり質は変わってきます。

また、中身があまりなくコンテンツも手薄なサイトと、非常に充実しておりあらゆることが詰まっているようなサイトとでは、当然ながらリンクの質なり数は異なってきます、本来。「本来」という表現をしたのはリンク施策が存在するからです。しかし、結局のところ受け皿が小さいサイトだと限界があります。本来それだけのリンクを受けるはずがないからです。

ちなみにここでのリンクというのは、TOPページだけではなくドメイン全体の話です。コンテンツページが優秀であれば、リンクを受ける可能性があります。それはサイトの価値を高めます。このように、「コンテンツありきのリンクである」というのが私の考え方で、これはナチュラルリンクでもありごく自然なことでもあります。ま、私の考え方なんてどうでもいいのですが。

コンテンツが充実していることで検索ユーザーに不利益なことはまずありませんし、Googleのリンク周りのアルゴリズム更新の影響を少なくすることができます。つまりSEOに強いわけです。ただ実際問題、コンテンツの充実といってもページテーマがぼやけていたら上位表示しにくいなど、ややこしい一面もあります。


以上、8つの項目に渡って書きました。同業者様に対してというよりSEOビギナーの方、あるいは今SEO対策で悩んでいる方の気付きのきかっけになれば幸いです。

関連リンク:外部リンクはSEO対策を行う上で決して無視できない要因である
posted by michinari at 23:34| SEO対策

2011年04月09日

先を見据えてSEOに取り組むことが大切である

Yahoo!検索エンジンであったYST(Yahoo! Search Technology)がなくなってGoogleに統合されたのが去年の12月。
微妙にSERPsには違いがあるとはいえ、基本的にYahoo!とGoogle、自然検索の順位は同じになっています。

それまではSEO対策というとほぼ「Yahoo!対策」だったと言っても過言ではなく、各SEO会社もGoogleはさておき、Yahoo!で上位表示を狙っていたものでした。
弊社もそうだったのですが、やはりYahoo!検索で1ページ目に表示されることは非常に大切でして、Googleのそれとはアクセス数が桁違いだったものです。

しかし状況が変わり、今では以前のYahoo!対策が通用しなくなっておりまして、世界のスタンダードであるGoogleのSEOに取り組むことが必須になっています。
しかも、そのGoogleのアルゴリズムも改良が日々加えられていまして、先日も大幅なアルゴリズムの更新があったようですが、今現在OKでも一寸先は闇であるといっても過言ではありません。

今現在の変動に関してですが、そもそも通常の状態でも多少の変動はつきものです。
しかしながら、その変動の大きさから先月米国で実施されたパンダ・アップデートの影響か?とも一部で言われているようです。

実際のところは公式アナウンスでもない限り断定はできませんけど、その影響であろうとなかろうと今、さらにこれからGoogleのアルゴリズムは変化していき、いわゆる外部リンクの判定、サイト内的な基準が変わっていくことに違いはありません。
何らかのSEO対策を行なうのであれば、それをしっかり頭に入れておくことが重要になります。

特にSEO対策というと「リンク」のことが言われますが、そのリンクの判定も今後無効化されるものもでてくるでしょうし、今現在でも出ているかもしれません。

すべて詳細にチェック・検証したわけではないのですが、現在でもワードサラダの文中からのSEOキーワードでのリンク、フッターに並べられたPRでのキーワードリンク、これらが普通にリンクとしての効力を持っています。
特に後者のフッターリンクは、私の知りうる限りかなり効果的であるようです。

しかしながら、ワードサラダ、フッターリンクともにトラフィックを流さないことは間違いないし、リンクとしての価値は極めて低いはず。
それなのに評価されているということは、Googleのアルゴリズムを掻い潜っているだけであり、そういった手法で現在上位表示されているのは非常に危険なのですね。

我々SEO会社、あるいはSEOに取り組んでいる方々が常に頭に入れておかなければいけないことは、今効く施策も大切だけど、半年後、1年後、さらに先を見据えた施策が重要であるということ。
もちろん先のことなんて分かる由もありませんが、半年でサイト閉鎖するのなら構いませんけど、長く運営していくつもりであればそのあたりのことを考慮しておく必要があるでしょう。

また、弊社もSEO会社なのであまりこういうことを公で言うのは間違っているかもしれませんが、最短2週間で上位表示とか、必ず上位表示を達成しますと公言しているような会社が行なっている施策は非常に危険であるといってもいいでしょう。

検索1ページ目に表示させることは確かに我々の仕事ではあるのですけど、SEOってそれだけではありません。
外部リンクひとつ取っても「サイトの身の丈」をしっかり考える必要があり、だからこそSEOは時間がかかるものであり、また時間をかけるべきであって、無理していついつまでに検索1ページ目に表示させる必要なんてないとも言えます。

それぐらいのゆとりをもったSEOが今後ますます重要になってくるのではないか?と私は思います。
posted by michinari at 22:59| SEO対策

2010年08月04日

サイトの「アンサー度」とはいかなるものか?

さてさて、SEO用語としてはあまり聞かれない言葉であるアンサー度。

SEO用語というよりも検索エンジンがサイトを評価する際の評価基準のひとつでして、特にGoogleにおいて優れたアルゴリズムのひとつであると当方は認識しております。


英語が苦手な人でも「アンサー=答え」であることぐらいは分かると思うのですが、ある検索ワード(クエリ)においてGoogleは・・・


「これで検索をかけるユーザーを満たす可能性のあるWEBページはどれだろうなあ・・」


ということを常に考え(←と言っても一瞬ですが)、それを検索結果に返そうと努力しているわけですわ。

具体的にいきましょうか。


今回は「いまどきのSEO対策.com」というサイトを用いて、好例があるんで説明したいと思います。
ちなみに、先方に許可は取ってあります。


「SEOサービス」というキーワード、これをGoogleで検索すると先のサイトが8月4日現在1位に表示されています。





Googleはアンカーテキストマッチといって、外部リンクがキーワードリンクされているケースを相変わらず好みます。

アンカーコンテキストマッチというのもあるのですが、ちなみにこれは「キーワード入りのテキストでのリンク」というわけですが、まあこのへんはややこしいので、要は「キーワードでリンクされているのをGoogleは好むんだ」とゆー話ですわ。


したがって、上記の「SEOサービス」という検索ワードでGoogleで上位表示されるケースというのは、当該ページが「SEOサービス」という言葉か、もしくは「SEOサービス」という言葉を含む文章で外部からリンクされているという場合が考えられるわけです。

しかし、上記サイトは「SEOサービス」関連のアンカーテキストで一切外部リンクされていないのですよ、調べたら。
つまりノーアンカーテキストマッチなわけです。


これ、実はサイト内部の問題なんですよねー、つまり・・・

「『SEOサービス』という内容を満たし得るサイトである」

と、Goolgeは判断しているわけです。
ん〜、相変わらず表現が下手ですが・・・・。





上の写真は、先のサイトのYahoo!に関するページからSEOサービスを提供しているページへリンクを飛ばしているところのショットです。

これは、Googleに関するページ、その他のページからも同じアンカーテキストである「弊社のSEOサービスについて」で、サービスページへリンクされているわけですよね。


つまり、この「いまどきのSEO対策.com」というサイトは・・・

「SEOサービスを提供しているサイトである」

と、Googleは見ているわけなんです、本日のテーマはこれ。


トップのスニペット(meta description)に「SEOサービス」という言葉は記述されているのですけど、これがランキングに影響しているとは考えにくく、サイト内リンク、もっといえばアンサー部分がランキングに影響を及ぼしているのです。

アンカーテキストマッチといえど、上げたいページを単純にキーワードリンクしても上がるけど、こういったGoogleの奥深いアルゴリズムを利用すれば、テールワードはもちろん、主キーワードですらさらなる上位表示に貢献してくれるはずですよ。


ただ、ドメインそのものの力もあるとは思いますので、同じようにやってもうまいこといくかは分かりません。
正直、狙ってやるほどでもないかと思います・・・。
posted by michinari at 23:05| Comment(0) | TrackBack(1) | SEO対策

2010年07月30日

あのニュースを受けてSEOはどうなるのか?

一応SEO業界の端くれにおる身として、やはりあのネタをこのブログで取り上げなければいけないなあ・・・と思いまして、筆を取らせていただきます。

これまで、TDPだアップデートだと我々を楽しませてくれたYahoo!検索エンジン。
それが何とベース部分がGoogleにとって変わるとゆーのだから、これは驚かない人はいなかったと思います。

いつからBingに変わるんだろう・・・って言われていたアレが、蓋を開ければGoogleだったっちゅーわけやねえ。
これは面白い。

で、まあ違うブログでもちょろっと書いたし、さまざまな人が仰っている心配事というか疑問点としては・・・

「独自の味付けって一体どうなるの?」

です。
SEO初心者の方もいると思いますので分かりやすく言うと・・・

「Googleの順位がそのままYahoo!の順位になるのかどうか?」

ですよね。
これが一番気になるはずだし、今慌て気味の人もいると思います。
私も少しは気になります。

時期的にも年内だとか9月ちゃうかとか、いろんな報道がされてますし、まあ、何か今一番オモロイ時ですよね。

さて、ここからが本題です。
これからSEOはどうなるのか、業界はどうなるか、WEBマスターはどうなるか・・・ですが、私の見解は、、、

「これからランキングを上げるのはめっちゃ難しくなる」

です。

Googleは比較的素直な検索エンジンです。
正直、普通のキーワードなら被リンクはほっとんど要りません。

もちろん内部施策が重要になってくるわけですけど、しっかりサイトを作りこめば(←ページ数じゃないよ)これまでなら苦労なく上がっていました。

作りこみが甘ければ被リンクに頼らなければいけないのですがね。
これは以前も今もこれからも同じです。

じゃあなぜランキングを上げるのが難しくなるのか、なんですけど、簡単なことですわ。

個々のWEBマスター、SEO業者含めていっせいにGoogle対策を始めるからです。

そうなると多分、素人では太刀打ちできなくなるはずです。
ですからセルフSEOとかやっている人は、まず最低条件として・・・

「しっかりGoogleが好むHTMLソースを書き、サイトのテーマを明確にし、運営を怠らない」

このリンク部分以外をしっかりクリアしておかないと厳しくなるんですよね。

Googleって「リンクが一番重要」という声が多いですけど、私はそれと同じぐらい内部施策はじめサイトそのものの本質が大事だと思っています。

SEO業者もピンキリです。

私も正直今かなりの数のSEO会社さんのコンサルしてるのですけど、そうかと思えば「あそこには負けるわ」と思う業者さんもいてます。

負けるというのはサテライトサイトの数、質ではなく、知識、テクニックの部分です。

ん?
話がそれつつありますねー、このへんで切りますわ。

とにかく、今後、SEOそのもののやり方は変わらないけど、同じやり方で同じだけランキング上げるのは厳しくなるはずです。

そう、SEOそのものは変わりません、これが大事。
基本に則ってりゃ大丈夫です。

相変わらずまとめるのが下手な僕でした、終わり。

あ、味付け次第で変わりますねー、よー考えたら・・。
posted by michinari at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策

2010年07月08日

「関西SEOサミット2DAYS」を終えて今我思う

ある意味、正味の「主要8ヶ国首脳会議」より大事なイベントだった、関西SEOサミット2DAYSが、7月6日と7日の2日間に渡って行われました。



ブログ書くつもりやってんから、写真の1枚や2枚撮っておけば良かったと今後悔してますわ・・・。

これだけ(↑)デジタルハリウッド大学院の塩見さんにもらってきてたんで、参加した証拠としてまあ・・。

最初は2日間丸々通しで参加させていただこうと思っていたのですが、ちょい訳がございまして、2日目の午後から退席させていただきましたふらふら

どのように記事を書こうか今でも考えているのですが、本題に入る前にとりあえず住太陽さんには大変お世話になりましたので、この場でもお礼申し上げたいと思います。

もちろん関わらせていただいたい方々全員です手(パー)
本当にありがとうございましたexclamation

・・・・

と、たぶん「皆さんありがとうございました」「参加して良かったです」系の記事を私が書くことを誰も望んでいないと勝手に判断しまして、本題に入っていこうと思います。


まず2日間(2日目は途中ですが)を通して一番感じたこと。
それは・・・


「やっぱ、結局リンクが一番大事である」


これですね。

こういう仕事やってたらそれは当たり前のように分かっていることなのですが、リンクに対するアプローチとか過程、考え方、これが一番重要なのですよねー。

「どうすれば順位が上がるのか?」

というのを気にしているようではダメなんですよ、SEOを極めようと思えば。
もちろん極論ですよ。


で、その一番大事なリンクを集める手法として、「キングオブコンテンツ」のWEBライダーの松尾さんのアプローチ、SEOスタンスはとても素晴らしいと思います。
(生意気言ってスミマセン・・)

とゆーのも、それって絶対に強いんですよ。
自作自演ばっかりやってると思われている私かもしれませんが、結構ちょくちょくリンクされてるんですよね、うちのサイトも。

松尾さん曰くの「バイラル」までは行かないですが、鹿の糞のように僕のサイトもサブページ含めてリンクされてます、日々誰かしらに。

だから分かるんです。

正直、最初は自作のみでしたが、途中から良い悪い含めて注目されてきて、そうすればリンクって自然と増えるんですよね。
批判してる記事なのに丁寧にリンクしてくれてるもんだから、それもまたSEOスコア高かったりするんです眼鏡


そこまで如何に行くかってわけなんですけど、途中の過程として別に自作自演有料リンクもありだと思うんですよね。

ただ、どちらも手軽にリンクを集めることが可能ですが、やり方を間違うと絶対に順位なんて上がりません。

まあざっとですけど、有料リンク買うなら、現状自分のサイトのバックリンクが100ドメインあるなら、10〜20のリンクぐらいに留めておいたほうがいいと思います。

それぐらいだったらリスクは非常に少ないですし、万が一のことがあってもリカバリーは楽。


ぼちぼちまとめに入っていこうと思うのですが、「すぐに順位を上げたい」とか「順位が下がったから、もしくは順位が上がらんからリンクを買おう」という思考では、SEOは成功しません手(パー)

ぶっちゃけ、リンクそのものを考えると、ナチュラルに付こうが自作しようが変わらんわけ。
正しい知識とかそういうのがあれば、最初は巧く利用すればいいと私は思うんですよね。

ただ、やはり万単位、いや、千単位のリンクってもう要らないと思う。
ライバルサイトがそれぐらいあったら怖気づきがちですけど、そのリンク数を上回ればいけるってわけちゃうからね。

サイトの身の丈に合わせた被リンクってあるから、それに不釣合いだったらそのリンクってマイナスにしかならんね、とゆーのが私の見解です。

何か書いてて思ったんですけど、SEO業者の記事とは思えんね(笑)
いや、私はSEOコンサルタントだexclamation
まあどーでもいいけど・・・。


最後に、2日目のセッションでモバイルSEOのスペシャリストであるマイネット・ジャパンの山本さんが、「SEO対策」という言葉を使ってらしたのが嬉しかったですw

posted by michinari at 16:28| Comment(1) | TrackBack(0) | SEO対策

2010年04月20日

上位表示も大事なんだが、それ以外もね

「SEOコンサルティングってどこまでが仕事なのか?」

これに近いことはTwitterでも一時期語られていましたが、私の場合はHTMLソースレベルの最適化、外部最適化(平たく言えばリンク供給)による検索ランクアップ、ここまでを業務としています、自分の中で眼鏡

あまりにも酷い(失礼・・)場合には「これはヤバイっすよぉ」的なアドバイスはさせていただきますが、基本的にはいわゆる「順位を上げる」のが仕事であると。

「成果報酬」という、一時期ほどなくなった感があるSEO会社のスタイルがありますが、この成果もコンバージョンUPまでなのか、「Yahoo!10位以内」のように検索ランクだけなのか・・・という話ですが、これは間違いなく後者のほうだと思います本

どちらが大事なのかは言うまでもなくコンバージョンですよね。
私のWEBサイトで言えばSEO対策サービスのお申し込み、各種問い合わせになります。

何を隠そう、私のサイトもコンバージョンはあまり良くないのですよねぇ・・・。
リピーターと口コミでの広がりでかなり忙しくさせていただいているのですが、サイトの改善点はまだまだあると思ってますサーチ(調べる)

さて、本題に入ります。
(まあ私の書く記事に本題も何もないのですがね・・)

いきなり結論なんですが、Yahoo!検索エンジンの特性を考えた場合、上位化されてからコソコソHTMLソースを書き換えたり、タイトルタグを変えたり、デザインを変えるのはあんまり良くありません。

Googleの場合はそれほど影響はないのですが、Yahoo!の場合は良い悪い別にしてそこらへんの変化を良く捉え、順位に反映させてきます。

「更新することはSEO対策になりますか?」という質問をよく頂くのですが、そのように問い合わせされる方の多くは、更新というよりも“書き換え”的なことをしようとします。

つまり、ファイルレベルでの更新ですね手(パー)

「別にせんでもええんちゃう?」というような更新、まあそれはユーザーレベル(見てる人)にとっては更新じゃないですから、そういうのはYahoo!ではマイナスであるという私の見解です。

タイトルタグやスニペットはクリック数に大きく関わってくるのは言うまでもないですが、上位化されてからあれこれ変えるのではなく、そういうことは日頃から頭に入れておき、順位が低くても「このサイトは傍から見てどうやろか?」ってことを考えておかなければいけませんいす

私の仕事は順位を上げることですが、サイト運営者はもっと意識を高く持っておかなければいけないのですよ。

でないと、せっかくYahoo!で上位化されてもアクセスが少ないから「タイトル変〜えよ」で順位が下落・・・、これは嫌ですよねぇ。
そんなんで順位が落ちるのもどーかと思うが・・・。

いや、先日あったんですよ、ビッグキーワードでYhaoo!3位になったんですが、タイトル変更後20位まで下落とゆーのが。

しかも変更後のタイトルがまた微妙で、主キーワードと平行したようなワードを入れはったもんだから、タイトルタグにおける主キーワードが弱まったというのが、私の見解であります位置情報


posted by michinari at 10:20| Comment(0) | SEO対策

2010年03月29日

たまにはSEO対策を忘れてみませんか?

昔から「腹八分目」という諺があるように、お腹一杯まで食べないほうが健康には良いとされています。

SEOに関しても実はこの「八分目」的なスタンスがとても大事でして、特に外部リンクにおいては八分目どころか「六分目」チックがちょうど良かったりするんですよねー喫茶店

Twitterでもちょっとだけつぶやいたんですが、多分「SEO対策」並にライバルが多いであろう某ビッグキーワードが、Yahoo!でいい感じで上がってきていますグッド(上向き矢印)

もうすぐTOPページです。

もちろん順位なんて一時的な要素もありますし、あまりこだわってはいけないのですが、こういう仕事をしているとあんまり言えないのですよね、順位にこだわるなって手(パー)

だって、「お前の仕事は順位を上げることちゃうんかいexclamationと言われそうですから・・・。

実はこれはちょっとだけ否定はできるんですけどね。
SEOコンサルティングの部分はどちらかと言えば順位以外の部分ですから。

これは屁理屈かもしれませんね・・・。

さて、その某ビッグキーワードのサイト、去年の春先に違うミドル的なキーワードで一度軽くSEO対策させていただいて、サイト内のコンサル、修正等も一通り終えている状態でした。

んで、私はこう提案しました。

「○○さん、思い切って○○○でSEO対策施してみませんかexclamation&question料金は結構です手(パー)これで取れたら御社にもよりいっそうアクセスが生まれますし、私にも実績と自信が付きますっひらめき

今思えばかなり自分勝手で強引だなぁ・・と思うのですが、先方さんは「料金が発生するのでしたら仰って下さいね」とやさしく仰ってくださいました。

その会話が確か8月だったと思います。

「よしっexclamation」と腕まくりしたはいいですが、それからめっちゃ仕事が忙しくなって、そのサイトのSEO対策にほとんど時間と○○○を避けなかったんですよね・・・。

で、結局1ヶ月に1個リンクを供給したかしないか、あ、さっき○○○でボカシ入れたのに、書いちゃいましたね、リンク・・・。

まあ今さらここに抵抗を感じることもないかぁ眼鏡

結局半年で5個しかリンク供給できませんでした。
そう、私の中では半分放置だったわけです、たまーにちょこっとやるぐらいで。

これが幸いしたのかどうなのか、自然なリンク増とYahoo!が捉えたのか、一度も大きく順位を下げることなくもうちょいで顔を出します。

問題は、仮にトップページに安定して表示されたら料金とかそのへんはどうするのか、、、まったく先方さんと話合いしてませんもうやだ〜(悲しい顔)

まあ今後詰めていきますけどね。

そのへんのやり取りはどーでもよく、ここで言いたいのは、リンクがんがん買っても順位全然上がらんって方、いてるでしょ?

ちょいと腹六分目でやってみませんかってことです手(チョキ)
1万リンク買ったら上がるなんて、そんなに甘くはないですよ、昨今の検索エンジンは。

posted by michinari at 18:58| Comment(0) | SEO対策

2010年03月14日

YSTのIndex Updateから学ぶ

先日3月11日にYahoo!のIndex Updateがあったわけですが、今朝の様子を見てると、まあ落ち着いたとはいえまだまだ出入りは激しい感じムード

この時期と特徴として、例えば今回のアップデートで12位とかに表示されたら、あれよあれよと1ページ目に行き、そのまんま3位に表示されたり、、、なんてことも珍しくありません手(パー)

弊社のクライアントのサイトでも、いくつかそんな動きがありましたし、まだまだ予断は許せないところだと思います。

さて、昨日久し振りに弊社本メインサイトの記事の更新を行いました手(チョキ)
Yahoo!は「リンクがどのように付くか?」が問題だ

横着するわけではありませんが、同じことを書くのも何なんで、興味がある方はちょろっと覗いて見て下さいまし本

ちなみに弊社サイト、今週には新しくなりリニューアルされたものがアップロードできると思いまするんるん

まあこれまで何度も告知してきましたが、よーやく段取りが整いそうでして、アップした後の順位とかもさることながら、どういった反響があるのか非常に楽しみです揺れるハート

それと、先にホームページの記事更新をしたと申しましたが、不思議なことに更新したら問い合わせが一気に増えたんですよねー手(チョキ)

やっぱり生きたホームページというか、小まめに更新、運用されているWEBサイトというのは、検索エンジンに留まらず実際に見てくれているユーザーのためでもあると再認識しましたね眼鏡

本日申し上げたいのはこれです。

正直、放置サイトでも普通に順位が上がるし、キープされたりするんですが(「Yahoo! なんでもSEO」がそう・・)、それでは駄目だなって感じました。
posted by michinari at 16:59| Comment(0) | SEO対策

2010年03月02日

無料ブログでサテラってる方へ

まあ無料ブログでも何でもいいんですが、何とかかんとかリンク増目的でサテライト作って頑張ってらっしゃる方へ、ちょっとしたアドバイスなんぞを手(パー)

ちょっと遠回しな発言から入りますが、ホームページにSEOが施されているのはもはや当然になってきておりまして、私なんかより大御所の方の「SEOは近い将来デフォルト化される」との発言もあるように、当たり前になる時代が来ると私も踏んでます眼鏡

今のSEO対策の雰囲気(何じゃそら)から察するに、「施されているんだけど施されてなさそうなホームページ」が検索エンジンに評価されてます。
ま、検索エンジンってゆーかYSTっすわねバー

つまり、最適化の枠を超えて対策してるサイトが多いってことね。

一時期言われてたTDPなんかもほとんどそうなんですが、結局どっかおかしい(検索エンジンからして)わけ。

この記事のタイトルにようやく差し掛かるわけですが、無料ブログでサテラっている方からたまーに「どーも成果が出ないんです・・」って悩み相談が来るわけですもうやだ〜(悲しい顔)

まず意識として「サテライトである」ってのを頭から外し、コンテンツそのものが1サイトとして成り立っているか、読んでいて役に立つとか面白いとか、そういった要素があるか、また、どっか変じゃないか・・・

私も一時期ブログのTDPにえらい悩まされたことがあったんですが、結局あとから振り返るとサテライトブログになっていたわけなんですふらふら

これは一般のサイトでも同じなんですけどね。

外部リンクを頑張ってお金かけて数万も付けたのに、今だ100位圏外のWEBマスターの方がもしいれば、ちょっとSEO(←検索エンジン最適化)ってのを考え直してもいいかもしれません本

posted by michinari at 14:30| Comment(0) | SEO対策

2010年02月17日

「SEO対策がしんどい」となぜ感じるか?

セルフでSEO対策をされている人からメールが来て、たまーに呟かれる内容としまして・・・

「SEO対策ってホントにしんどいですよね」

というものがございますいす

何がしんどいのか聞いてみると、検索エンジンにも登録しなければいけないし、しかも手動だとしんどいからツール使いたいが、でもそれってスパム・・(以下略)・・、ブログの更新も大変だし・・・

何かSEO対策やってるってゆーよりは作業に追われている感じですよねー、そりゃあ大変だわふらふら

でも、そういうタイプの方って「SEO」というものを勘違いしている方が非常に多いわけでして、ずっとリンクを付け続けなければいけないとか、リンクは多いほうがいいとか、間違ったことを信じて日々努力されている方が多いです本

唯一継続する必要があることといえば、自サイトの充実であり、ユーザーに情報を発しているホームページの中身そのものの気遣いだけなんですよ位置情報

ただこれはあくまで究極論であって、「じゃあ契約しているSEO業者を解約して、リンクが外れても順位が下がらないのか?」とか、そういった問題ではありません。

実は先日新婚旅行へ行ってきまして、日本を旅立つ前に新たにお申し込みがあったサイトへのリンクを3つだけ付けて、休暇に入りましたいい気分(温泉)

キーワードの難度もあったかもしれないですが、帰ってきたらトップページにちょこんと座ってました。

これは弊社のリンク元が強いとかサービスの質がいいとかそういうことを言いたいのではなく、「あれせな、これせな、、」と躍起になって走り回る必要はまったくないということです時計

以前違うところで書いたのですが、「花に水をやる感じ」でサイトを運営、対策していけば宜しいのではないでしょうか。

Twitter始めましたっ!おそ・・
posted by michinari at 16:54| Comment(0) | SEO対策

2010年02月07日

弊社サイト、リニューアルまで秒読み!

9月末に、横浜のホームページ制作会社さんに弊社のサイトの作り変えをお願いしていたのですが、もうほとんど形になっていますゴルフ

現在のホームページはたまにWEB上で「作りは素人」とか「SEO対策以外は何もできない」などと言われてまして、確かに見た目はイマイチ・・・。

しかし「内部対策もろくにできていないのに、、」という発言はどこから判断されたのでしょうねぇあせあせ(飛び散る汗)

ちょっと訳あって今はまだアップロードできないのですが、気になるのはファイルの重さとTOPのちょっとしたフラッシュなんです。

Yahoo!はともかく、Googleという検索エンジンはテキストベースのサイトを高く評価する傾向にあります。

リニューアル後のサイトもテキストベースなのですが、フラッシュのHTMLソースがどのような影響を与えるのか、、、今後Googleはそのあたりを順位付けの要因として加えてくるそうですし位置情報

ファイルの容量の問題だとは思うのですが、情報がつまったサイトだとどうしても容量は重くなると思うので、そのあたりがどのようになるのか、、、

複雑なGoogleのアルゴリズムには今後も注目していきたいと思いますいす
posted by michinari at 12:57| Comment(0) | SEO対策

2010年01月08日

理想はサイト内コーティングのみか!

新年明けましておめでと・・・、ってもう8日ですからいいですね、こんな言葉。。ふらふら

SEOのブログっていろーんな方々が書いておられまして、私なんかよりもはるかに知名度が高い方から、私の文章コピペしてサテライトとしてる方まで、、さまざまでございます眼鏡

後者に関しては、まあ思うところはいろいろありますが、好きにしてくれって感じですわ、もう・・・。

そういや以前、大阪の某SEO会社(実力あり)に所属していた時期がありまして、そこでお世話になったKさんって人とお昼カレーを食べていたときに、「多分、検索エンジン登録だけでいけるよなあ・・」みたいな話をしていました。

膨大なリンク元を持っているにも関わらず、繊細なアプローチでの上位化も可能な、今思えば素晴らしいSEO業者だったなぁ、、って思います手(パー)
こんなもんでいいですか、Kさん目

大は小を兼ねるじゃないですが、数千、数万単位のサイトの対策をやっていると、いろーんなことが分かるそうです。
私はまだ多分1000サイトもやっていないですから、まだまだ不明な点はあると思いますサーチ(調べる)

私のせこいところは、クライアント様のサイトのSEO対策の結果を自分の肥やしにしてしまうことです。
悪い意味ではないですよ、「これやったら落ちるかなぁ・・」とゆーようなことは自サイトでしか試しませんから、当たり前ですが、、、。

検索エンジン登録代行業者さんやその他のリンク売買業者さんは、1サイト注文来てナンボの世界でしょうから、どこまで検索エンジンのことが分かってらっしゃるのかなぁ・・・と時々思いますね本

今年もYahoo!とGoogleの検証で忙しくなりそうです。
私の中では90%グーグルに意識は向いてますがぁ・・。

それでは今年も宜しくお願いしますっexclamation
posted by michinari at 17:55| SEO対策

2009年12月29日

SEO対策とは一体何なのか?

SEOコンサルティングドゥアイ代表の土居です手(パー)
今年最後の投稿として、ちょっと真面目に「SEO対策とは?」について書いてみたいと思います。

SEOについての考え方や意見、ものの見方は人それぞれ異なると思います。

ただ、意見や考え方なんてそれぞれ違って当たり前でして、はっきり言ってSEO会社でエンジニアとして働いている人間と評論家では“それ”は異なるでしょう眼鏡

ただ、そんなくだらない問題はどーでもいいことであって、実際に検索でTOPページと圏外ではアクセス数、売上等がまったく違い、企業の存続問題にも関わってくるのです。

SEO対策は実際に存在します。
それを否定しようがしまいが、実際にあり、検索結果の優劣になって反映されますふらふら

さて、ここで私が言いたいことは、「どんなホームページが検索エンジンに評価されるのか?」なんですよ。

そこがSEO対策の根本になり、それをまったく無視、もしくは考慮に入れない対策とゆーのは、それ、SEO対策ではないんですねいす

それが分かればだいたい検索エンジンのアルゴリズムは分かってきます。
ただただリンクを増やすのではなく、ホームページの価値、評価が上がるようなものでなければ意味がありません。

評価されるホームページ、価値のあるホームページ、目的はそこです。
SEO対策とゆーのはそこに行き着く手段であるということですexclamation
皆さん良いお年をっ家


posted by michinari at 10:04| SEO対策

2009年11月25日

被リンク以外の対策をどれだけできるか?

SEOb.jpg

いつもブログを拝見していただいてありがとうございます。
SEOコンサルティングドゥアイの土居と申します眼鏡

だいたいこのような記事を書いている方でSEO業者は少ない(?)と思うのですが、私のようにSEO業者をやっていながら抜け抜けとブログを書いている人もございます。

以前私は“はてな”で一度叩かれたことがありまして、そのときに思ったのが、SEO業者と一般の方、もしくは非営利でブログ等を運営している方の意見、考え方は違うんだなぁ、、、ということでした手(パー)

私の知り合いも某キーワードでYahoo!で上位サイトを運営しているのですが、誹謗中傷は毎日のように来るそうです。
私んとこにはほっとんど来ないですけどねー。
質問がやたらと多く、下手したら1日に30件ほどメールが来ます・・・いす

SEO業者というと何か聞こえが悪いのですが、それはおそらくリンク提供のみでサイトをどうにかしようとする、もしくはボッタクリの料金を請求する、はたまた解約したくても解約できない(私のクライアントでこれで悩んでいる人多数)など、悪いイメージが先行してしまうんですよね、、、。

今の検索エンジンは、被リンクよりもサイトの中身であったりキーワードの配置、使い方であったり、そういったことのほうがはるかに重要になってますひらめき
まず私の場合はそこをチェックして、それから被リンク作業であったり検索エンジン登録作業に入っていきます。

なぜそれをするかとゆーと、いくらリンクつけてもサイトに問題があれば順位なんて絶対に上がらないからなんですよ。
サイト内の不具合等を修正してもらう、まあこれを広義で「最適化」と言えるわけですが、それが一番重要な仕事だと私は認識してます。

「最適化されてあればOK」という見方を私はします。
この範囲外であればホームページ制作会社を通してでも修正してもらいます。
この記事のタイトルどおりですが、「リンク対策以外の対策」、これが本当のSEO対策と言えるのではないでしょうかサーチ(調べる)

ドゥアイのブログ TOP
posted by michinari at 18:31| SEO対策

2009年09月21日

シルバーウィークは静かです、、、

平日は基本的にメールの対応で3時間〜4時間は時間を費やしている私ですが、土曜日や日曜日、今のシルバーウィークなんぞ呼ばれている時期はお葬式みたいに静かです。

私にとってはゆっくり仕事ができるわけでして、特にどこかに出掛けるわけでもなく仕事に専念しております。

まーそんな話は置いておいて、久し振りにホームページのほうをアップしました。
半年振りぐらいの記事更新なんですが、たまには更新しとかないと、、、と思った次第でございます。

Yahoo SEOの現状とは?

ブログ感覚で記事を書いたんで、すっと読めると思います。
ご参考までにっ眼鏡


ドロップシッピング
posted by michinari at 16:03| SEO対策

2009年08月05日

検索順位なんて紙一重なんです

検索順位を決める要素ってたくさんあると思いますが、大きなところとしましては「バックリンク」が挙げられると思います。
が、バックリンクが非常に少なくても、もちろんトップページに表示されているサイトもたくさんございますよね。
私も某キーワードをYahoo!トップページに3サイト表示させているキーワードがあるんですが、トップページに表示されている「あるサイトさん」なんか、バックリンクが6万、7万もあります、、、。
んで、私が受け持っている3位に表示されているクライアントのサイトは、バックリンクが250ぐらいです・・・。
その「あるサイトさん」なんかからしたら「何であんなサイトが3位にいてるの?」って思うかもしれませんが、そんなもんなんです、バックリンクって。
質とかもあるかもしれませんが、リンク数と順位なんてまーったく関係ありませんし、リンクを増やせば少なくとも今よりも上がるだろう、という推測もこれまたNGなんよね。
我々業者は、検索順位にある程度こだわらなくてはいけません。
ずーっと圏外だったら「いつぐらいに上がるのでしょうか?」といった質問が来ます。
ま、私に聞かれても、、、、というのが本音なんやけどね。
グダグダ書いてきましたが、私が言いたいことは「順位にあまり敏感になるな」です。
3ヶ月ぐらい圏外だったらさすがに原因追求しなければいけませんが、ちょっとやそっとの変動は無視しましょう。
それぐらいのほうが何かとうまくいくもんなんですよ。
posted by michinari at 07:36| SEO対策

2009年07月25日

Yahoo!知恵袋が多過ぎません?

まだINDEXアップデートのアナウンスはされていないようですが、今の段階で各キーワード、「Yahoo!知恵袋」のページがやたらと上位化されておりますねー。
Yahoo!検索エンジンだからYahoo!に関するページを高評価する、とゆーか、手動で上位に持ってきているようでなりません、、。
先日私の某クライアントから、Yahoo!の検索順位はYahoo!JAPANがある程度操作している、とゆーことを聞きました。
んで、下げといて広告等の営業をするという、、、それが本当なら悪どい会社ですよ、ホンマに・・・。
元から銭儲け主義のYahoo!社ですが、そこまでやるかぁたらーっ(汗)ってな感じやねー。
「SEO」ってキーワードでお馴染みだった「サム○イファク○リー」さんも、前回のアップデートで一気に落ちて、どーやら今回のアップデートで再び1位に返り咲きそうです。
ここら手作業だったら恐いよね、、、。
念のために申し上げますが、この話の真偽は定かではありません。
ま、あり得るかなぁ、、とは思いますがね眼鏡

アフラック
posted by michinari at 00:40| SEO対策

2009年06月19日

サテライトサイトの質維持のために・・

SEO業者として、やはり「質の高いサテライトサイト」を持っていることは非常に大切ですね。
あまりSEO対策を意識していないサテライト100個と、被リンク効果をよく考えて日々何らかの対策をしてあるサテライト10個では、後者のほうがはるかにサテライトサイトとしての価値があります。

私はずーっとサービス料金1万円という破格のSEO対策をやってきたのですが、先日ついに料金を2万円に値上げしました。
ま、SEO業者なんて星の数ほどありますが、今のタイミングで値上げするのはうちだけではないでしょうかふらふら
そもそも1万円という料金設定自体に問題があったのかもしれません。

他の業者さんは高過ぎる(人件費等もあるんで仕方ないが・・)とずっと思ってたので、それなら格安でやったろっexclamationとゆー具合で始めたわけですね。

私が一番恐れたのは、サテライトサイトの質の低下なんですね。
ここが崩れてしまうと私も商売が成り立たなくなってしまいますから・・・。
私は根が真面目なもんで、1万円から2万円に上げる際にかなり胃を痛めました眼鏡
「客が来なくなるかも・・・」というよりは、これまで案件たくさんくれてた人に申し訳ないなぁ、、、、という気持ちからです。

商売を始めてまだ3年ぐらい、SEOの世界に入ってまだ2年(実はそんなもんです・・・)ほどなんですが、WEB上とはいえ商売って難しいなーって、日々感じてます。

apartment tokyo 結婚報告はがき
posted by michinari at 01:13| SEO対策

2009年06月06日

「SEO対策」、2冠達成してしまいました。。

個人事業なのにいいのだろうか?と思ってしまうんですが、Yahoo!検索エンジンで「SEO対策」にてとうとう1位を取ってしまいました。
来週以降、どうやってお客さんを捌こうか?とゆー贅沢な悩みと戦うことになりそうですが、はっきり言ってSEO対策できるキーワードにも限界があります。

私としては「少数精鋭」タイプのSEO対策がやりたくて、依頼されたターゲットキーワードを確実にYahoo!とGoogleで上位化する、という仕事がしたいのです。
今でもある程度やってますが、「10,000円でのリンク強化」目的のお客さんもたくさんいてるので、そういった方も大切にせなあかんなーと思っておるんです・・・。

サテライトサイトをかなり運営しているんですが、あまり発リンクを増やしてしまうと、サテライトとしての質が落ちてしまう恐れがありますからねー。
一番心配しているのはそこです。
同業者の方でたくさん知り合いがいるんですが、「カラダは大丈夫なんですか?」と心配していただくのはありがたいんですが、私が一番心配しているのは、サテライトブログちゃん達の体調です。

長崎 賃貸 長崎 賃貸マンション
posted by michinari at 14:48| SEO対策

2009年05月06日

コメントをオフにしている理由

ご訪問ありがとうございます。
当ブログも毎日そこそこ訪問者がいるようで、それなりにお役立ち記事やぼやき等を書いていこうと思っています。
(ぼやきのほうが多いか・・・)

さて、このブログはコメントできないようになっているんですが、以前はコメントできるようにしていたんですよ。
質問とかにもお答えしていたのですが、質問者のホームページがYahoo!からペナルティを食らっていたことがありまして、このブログも圏外に飛んだことがありました・・・。

まー他の理由だったのかもしれませんが、それ以降、コメント機能を切っているんです。
何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
ご質問は → info@imadokiseo.com まで直メールくだされば、なるべく早めにお答えしますんで、よろしくどうぞ。

posted by michinari at 14:40| SEO対策